フラット35Sとは

フラット35比較

フラット35Sとは、省エネや耐震などを満たす優良住宅を取得した場合、金利を引き下げてもらえる制度のことです。

フラット35TOP > フラット35S

フラット35Sとは

フラット35Sとは、優良住宅を取得した場合、金利の引き下げを受けることができる制度のことです。

別名『優良住宅取得支援制度』と言い、省エネルギー性や耐震など、一定の要件を満たす住宅を取得する場合、年率で最大0.3%の引き下げを受けられます。

フラット35Sには『フラット35S』『フラット35S(中古タイプ)』『フラット35S(20年金利引き下げタイプ)』の3種類があります。

このうち、フラット35Sとフラット35S(中古タイプ)については、フラット35の借入金利から当初10年間にわたり、年率1.0%(平成22年現在受付分)の引き下げを受けることができます。

一方、フラット35S(20年金利引き下げタイプ)の場合、当初10年間に年率1.0%の引き下げを受けた後、11年目以降20年目までは年率0.3%の引き下げとなります。

フラット35Sの対象者

フラット35Sは、以下2つの要件を満たす方が対象となります。

  1. フラット35Sの受付期間中にフラット35Sの申し込みができる金融機関にて借入申し込みを行った方
  2. フラット35の技術基準に加え、フラット35Sの技術基準を満たしていることを証明する『適合証明書』を申し込み先の金融機関に提出した方

フラット35Sの技術基準については、以下の4点が挙げられます。

このうち、1つ以上の基準に適合することが条件となります。

省エネルギー性 省エネルギー対策等級4の住宅
耐震性 耐震等級2以上の住宅または免震建築物
バリアフリー性 高齢者等配慮対策等級3以上の住宅
耐久性・可変性 劣化対策等級3かつ維持管理対策等級2以上の住宅

フラット35S利用時の注意点

フラット35Sは通常のフラット35とは異なり、募集金額が設定されています。

そのため、募集金額に達する見込みになった場合、受付終了となります。

たとえば平成22年11月現在の場合、当初10年間年率1.0%の引き下げ幅は平成23年12月30日までの申し込み分について適用となります。

また、フラット35Sとフラット35S(中古タイプ)の金利引き下げ期間は平成24年3月31日までの申し込み分については『当初10年間』。平成24年4月1日以降の申し込み分については『当初5年間』と短縮されてしまいます。

さらに、フラット35S(20年金利引き下げタイプ)についても、平成24年3月31日までの申し込み分については『当初20年間』。平成24年4月1日以降分については『当初10年間』と半分になってしまいますので注意しましょう。

先頭へ戻る

Copyright (C) フラット35の金利比較ランキング All Rights Reserved.