フラット35への借り換え

フラット35比較

現在民間金融機関の住宅ローンを組んでいる方は、フラット35に借り換えることができます。

フラット35TOP > 借り換え

フラット35への借り換え

以前は住宅ローンの借り換えというと民間金融機関の住宅ローンを利用するほかなく、金利上昇のリスクが常につきまとっていました。

しかし、2009年6月よりフラット35の借り換えが登場し、買取型・保証型に関係なく借り換えられるようになりました。

これにより、将来的な金利のリスクを心配することなく、安定した借入が可能となっています。

フラット35に借り換えるメリット

民間金融機関の住宅ローンからフラット35に借り換える最も大きなメリットは、将来的な金利上昇リスクを回避できるところです。

金利情勢は日々変動しているため、一定期間ごとに金利が見直される民間金融機関の住宅ローンでは、ある日を境に支払額が大幅に上昇する可能性があります。

その点、フラット35は融資を受けた時点で完済までの月々の支払額が確定してしまうため、金利上昇リスクを抱える心配はありません。

ほかにも、融資保証料が無料であることや、融資を受ける際の審査基準が買取型よりも柔軟であることが挙げられます。

借り換えはお得?

フラット35にはさまざまなメリットがありますが、借り換えには一定の手数料がかかります。

そのため、現在のローンと、借り換えを検討しているフラット35をよく比較し、本当に得になるかどうか見極める必要があります。

見極めのポイントとしては、以下の3つが挙げられます。

  • 現在の住宅ローン金利より、フラット35の方が1%以上低い
  • 現在の住宅ローン残高が1000万円以上ある
  • 現在の住宅ローンの返済期間が10年以上残っている

以上の条件に当てはまった場合、フラット35に借り換えた方がお得になる可能性は高いと言えるでしょう。

先頭へ戻る

Copyright (C) フラット35の金利比較ランキング All Rights Reserved.