フラット35の技術基準

フラット35比較

フラット35では、技術基準に適合した住宅にのみ融資を行っています。

フラット35TOP > 技術基準

フラット35の技術基準

フラット35の融資を受けるには、融資対象となる住宅が一定の条件を満たしていることが条件となります。

これを『技術基準』と言い、フラット35では住宅金融支援機構が独自に定めた住宅基準に適合する住宅に対して融資を行うという決まりがあります。

住宅金融支援機構の技術基準に合格すると『適合証明書』という書類が発行されます。

この書類はフラット35の申し込みに必ず必要となる書類であり、事前に適合審査機関によって技術基準審査を受けなければなりません。

たいていの場合、不動産業者などが適合審査機関を紹介してくれますが、審査費用は実費となります。

フラット35の技術基準(新築住宅)は以下の通りとなります。

接道 住宅の敷地は原則として一般道に2メートル以上接すること
住宅の規模 一戸建ての場合、床面積は70㎡以上
住宅の規格 建設する住宅は、原則として2つ以上の部屋、炊事質、便所、浴室があり、独立した生活が営めるもの
戸建型式等 木造の住宅(耐火構造の住宅、準耐火構造の住宅以外の住宅)は、一戸建てまたは連続建てとする。また、耐火構造の住宅内の専用階段は耐火構造以外の構造とすることができる。
断熱構造 住宅の各部は気候条件などに応じて室内の温度を保ち、結露を防止する構造とする。
配管設備の点検 一戸建ての場合、給排水その他の配管設備(ガス管除く)で炊事室に設置されているものは点検または清掃のために必要な間口をもうける
区画 住宅と住宅の間、または住宅と住宅以外の間は耐火構造または一時間準耐火構造の壁・床によって区画する
住宅の耐久性 木造住宅の場合、外壁に接する土台が以下のすべてに適合するものとする。

・土台の防腐・防アリ措置はひのき・ひば・べいひ・べいすぎ・けやき・くり・べいひば・台湾ひのき・ウェスタンレッドシーダー・こうやまき・さわら・ねずこ・いちい・かや・インセンスシー-だーまたはセンペルセイコイヤによる製材、またはこれらの樹木を使用した集成材を用いる。

・土台に接する外側の下端には水切りをもうける

・炊事室・浴室および便所には機械換気設備または換気窓をもうける

・住宅の構造は主要構造部を耐火構造下住宅であること

・準耐火構造の住宅であること

・耐久性基準に適合する住宅であること

先頭へ戻る

Copyright (C) フラット35の金利比較ランキング All Rights Reserved.