フラット35のメリットとデメリット

フラット35比較

フラット35にはメリットもデメリットもあるため、きちんと理解した上で申し込む必要があります。

フラット35TOP > メリットとデメリット

フラット35のメリット

フラット35は、長期固定金利が組める以外にもさまざまなメリットがあります。

ここではフラット35の主なメリットを2つ紹介します。

1.最長35年の長期固定金利

通常の住宅ローンは1年、3年、5年など短期固定金利なので、固定金利期間が過ぎた後、金融情勢によって金利が上昇し、支払い金額が大幅にアップする可能性があります。

一方、フラット35は借り入れた時点で完済までの金利や月々の返済額が確定するため、金融情勢に左右されず、計画的な返済を行うことができます。

2.保証料・繰上返済手数料が無料

通常の住宅ローンでは、借入の際、保証料や保証人が必要となります。

保証料は借入金額によって異なりますが、一般的に数十万円に及ぶ場合が多く、初期費用としてかなりの負担がかかってしまいます。

その点、フラット35は保証料や保証人が必要ないので、初期費用を安く抑えることが可能

また、返済中に行う繰上返済や、返済条件の変更にともなう手数料もかからないので、コストを削減することができます。

フラット35のデメリット

メリットの多いフラット35ですが、その反面、条件面などでデメリットが存在します。

まず、フラット35の適用を受けるには、住宅金融支援機構の技術基準に適合している物件でなくてはなりません

物件検査には物件検査手数料がかかり、こちらは自己負担となります。

また、フラット35は民間金融機関の住宅ローンに比べて審査基準が厳しく、融資を受けるには、年収400万円未満の場合は年間返済負担率が30%以下。400万円以上の場合は35%以下に限定されます。

そして最も気をつけなければならないのは、フラット35の金利は融資が実行された時点のものが適用されるということです。

たとえば、フラット35に申し込み、実際に融資されるまでの間に金利が上昇してしまった場合、上昇した金利の方が適用されてしまいます。

もちろんその逆も考えられるため、融資実行までにかかる期間も考慮に入れて慎重に申し込むようにしましょう。

先頭へ戻る

Copyright (C) フラット35の金利比較ランキング All Rights Reserved.