フラット35の選び方

フラット35比較

フラット35を選ぶ際は、金利や手数料、保険料などのポイントを考慮することが大切です。

フラット35TOP > 選び方

フラット35を選ぶポイント

フラット35は借入期間や融資限度額などは均一ですが、融資金利や手数料は金融機関によってそれぞれ異なります

そのため、フラット35を選ぶ際は、金融機関ごとに異なるポイントを比較し、自分に合ったサービスを選ぶ必要があります。

ここではフラット35の選び方のポイントを紹介します。

ポイント1.金利

フラット35の融資金利は民間金融機関がそれぞれ設定するので、同じ時期に同じ額の融資を申し込んでも月々の支払額に大きな差が生まれます

特に住宅ローンは融資額が数千万単位と大きいので、金利1%の違いで総支払額が大きく変わってきます。

金利はいくら払っても元本に影響しないので、安く抑えられるに越したことはありません。

融資金利は毎月見直されるので、フラット35を検討している場合はさまざまな金融機関をこまめに比較検討することが大切です。

ポイント2.手数料

フラット35は初期費用である保証料や、返済中にかかる繰上返済手数料は必要ありません

しかし、融資を受ける際に必要な融資手数料は金融機関ごとに異なっており、初期費用に組み込まれます。

住宅を購入すると、印紙代や不動産取得税、引っ越し代金、家具代など、現金での出費が重なるので、融資手数料も安いに越したことはないでしょう。

ポイント3.保険料

フラット35に限らず、住宅ローンを組む際に必ず入っておきたいのが団体信用生命保険です。

略して団信と呼ばれるこの保険は、ローン債権者に万一のことがあった場合、ローン残高が0円になるという保証を行っています。

フラット35の場合、団信の加入は任意ですが、住宅ローンの返済期間はかなり長期に及ぶため、今現在健康でも、数十年後に何が起こるかわかりません。

そのため、団信は任意でも必ず入っておくようにしましょう。

最近では団信保険料無料というフラット35もありますので、比較のポイントにするのもひとつの方法です。

先頭へ戻る

Copyright (C) フラット35の金利比較ランキング All Rights Reserved.